MENU
英語絵本

身近なマナーを楽しく学べる英語絵本『Excuse Me!』

身近なマナーを楽しく学べる英語絵本『Excuse Me!』

こんにちは、はにむらです。

「ありがとう」や「ごめんなさい」などの基本的なマナーは、できるだけ幼いうちから身に付けておきたいですよね。

今回は、身近なマナーを楽しく学べる英語絵本を紹介します。

『Excuse Me!』ハードカバー版の写真

『Excuse Me!』です。(※写真はハードカバー版)

ベネッセの幼児向けハイレベル英語教材「Worldwide Kids(ワールドワイドキッズ)」の教材にも選ばれています。人とのやりとりが上手になる、1~2歳頃から楽しめる絵本ですよ。

この記事では、『Excuse Me!』の大まかなあらすじや見どころなどを紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね。

『Excuse Me!』の詳細情報

タイトル Excuse Me!
Karen Katz(カレン・カッツ)
イラスト
本編ページ数 24P※
総単語数 80語
絵本の種類 ハードカバー/ペーパーバック

※上にめくる仕掛けページを含みます。

『Excuse Me!』のあらすじ

You broke your sister’s toy!
What do you say?
I’M SORRY!

出典元:『Excuse Me!』

妹のおもちゃを壊してしまった――。

おばあちゃんにプレゼントを貰った――。

こんな時、何て言えば良い?

ページをめくりながら、「ごめんなさい」や「ありがとう」を学んでいきましょう。

『Excuse Me!』の見どころ

手を合わせる子どもの写真

楽しくマナーを学べる仕掛け

日常の様々なシチュエーションをテーマに、「こんな時は何と言えば良いか?」を分かりやすく描いた絵本です。

「げっぷをした」「おもちゃを壊してしまった」「プレゼントを貰った」など、全部で6つのシチュエーションが登場。それぞれのシチュエーションに「What do you say?」の問いがあり、仕掛けページをめくると答えが分かる仕組みとなっています

クイズ形式で読み進めることができ、身近なマナーを楽しく学べます

仕掛けページの説明

見開きの右ページは上にめくれるようになっており、めくると次の文章とイラストが現れます。

英語絵本『Excuse Me!』仕掛けページの説明図。見開き右ページは上にめくれる仕様になっている。

①:シチュエーションを説明する文章
②:①を表すイラストと、「What do you say?」の文章

③:「What do you say?」の答えの文章
④:③を表すイラスト

仕掛けページは少し破れやすいので、子どもがめくる際は注意してくださいね。

クスっと笑える表情のイラスト

イラストは明るくカラフルで、それぞれのシチュエーションが分かりやすく表現されています。

登場する子どもたちも表情豊かで、特に「Excuse Me!」のイラストは思わずクスっと笑ってしまいました。

イラストの表情を真似しながら読めば、子どもが喜ぶこと間違いなしです。

学べる英単語や表現は?

一つ一つの文章が短く簡潔で、文字も大きいので、幼い子どもにも分かりやすいと思います。

身近な表現を「英語では何と言うか?」だけでなく、英語ならではの表現を知ることもできます。

・「I’m sorry.」と「Excuse me.」の違い

日本語ではどちらも「すみません」と訳されることが多いですが、両者には次のような違いがあります。

・「I’m sorry.」…主に同情や謝罪の気持ちを表す表現
・「Excuse me.」…軽い許しを乞う表現

「I’m sorry.」は、自分の非を認めて謝罪する「申し訳ありません」の意味があるフレーズですが、

「Excuse me.」は、それほど深刻ではない事柄について「失礼しました」と伝えるフレーズです。

この絵本では、

・「I’m sorry.」→妹のおもちゃを壊してしまった
・「Excuse me.」→げっぷをした

というシチュエーションで紹介されているので、両者の違いがとても分かりやすいと思います。

・おやすみ前の「I love you.」

「Good night. I love you.」という表現も登場します。

日本の文化ではあまり馴染みがありませんが、欧米では「I love you.」という表現は日常的に使われているようです。

絵本の真似をして実践してみるのも良いかもしれませんね。

 

クイズ形式でマナーを学べる『Excuse Me!』。是非、親子で一緒にページをめくりながら楽しんでください。