英語絵本

お絵描きが好きな子どもにおすすめの英語絵本『Draw Me a Star』

お絵描きが好きな子どもにおすすめの英語絵本『Draw Me a Star』

こんにちは、はにむらです。

先日、1歳6カ月になる娘に初めてクレヨンをプレゼントしました。まだまだ上手には使えませんが、一生懸命に何かを描こうとする姿はとても微笑ましいです。

今回は、お絵描きが大好きな子どもにぴったりな英語絵本を紹介します。

『Draw Me a Star』ペーパーバック版の写真『Draw Me a Star』です。(※写真はペーパーバック版)

この記事では、『Draw Me a Star』の大まかなあらすじや見どころなどを紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね。

『Draw Me a Star』の詳細情報

タイトル Draw Me a Star
(邦題:おほしさまかいて!)
Eric Carle(エリック・カール)
イラスト
本編ページ数 26P
総単語数 225語
絵本の種類 ペーパーバック/図書館装丁/電子書籍

『Draw Me a Star』のあらすじ

Draw me a star.
And the artist drew a star.

出典元:『Draw Me a Star』

画家が星を描きました。

すると星が言いました。「太陽を描いておくれ。」

画家は太陽を描きました。

すると太陽が言いました。「木を描いておくれ。」

こうして次々に、画家は頼まれた絵を描いていきます。

そして最後に、再び星を描いて――。

『Draw Me a Star』の見どころ

筆と絵の具の写真

自然の美しさと創造の楽しさ

主人公の画家が、太陽や雲、動植物を次々に描いていき、世界が作られていきます。

ページいっぱいに描かれた大きなイラストが美しく、特に虹を描くシーンは、カラフルで賑やかでとても印象的です。絵を描くことや、創造することの楽しさを感じられる絵本だと思います。

また、初めは少年だった画家が、絵を描くたびに青年、壮年、老人と、段々年をとっていきます。生涯を絵に捧げた画家の姿は、作者自身の投影なのかもしれません。

星を描いてみよう

物語は星に始まり星に終わります。少年姿の画家が描いたのは五芒星(五角の星)で、老人になった画家が描くのは八芒星(八角の星)です。

どちらの星も、絵本の中に描き順が示されています。紙と鉛筆を持って、是非親子で一緒にチャレンジしてみてください。

学べる英単語や表現は?

星や太陽、犬や花など、登場するのは子どもにも親しみのあるものばかりです。「a good star」「a warm sun」「a big dog」といった表現が多いので、色々な形容詞を学ぶこともできます。

・第4文型(SVOO)の命令文

作中で何度も登場する「Draw me a ○○.」は、第4文型(SVOO)の命令文です。

第4文型とは、「S(主語)+V(動詞)+O(間接目的語)+O(直接目的語)」の形の文章です。間接目的語が人、直接目的語が物となり、「(人)に(物)を〜する。」 という意味になります。

例文
Draw me a star.
Draw a star for me.
(私に)星を描いて。

※この場合は、命令文なのでS(主語)が省略されています。

 

『Draw Me a Star』の世界を、是非楽しんでくださいね。

こちらの記事もおすすめ