英語絵本

英語初心者にもおすすめ!シンプルで心温まる絵本『Hug』

英語初心者にもおすすめ!シンプルで心温まる絵本『Hug』

こんにちは、はにむらです。

子育てにおけるスキンシップはとても大切ですよね。特に子どもが小さいうちは、たくさん抱きしめて愛情を伝えてあげたいものです。

今回は、思わず子どもを「ぎゅっ」としたくなるような、心温まる英語絵本を紹介します。

『Hug』ボードブック版の写真『Hug』です。(※写真はボードブック版)

この記事では、『Hug』の大まかなあらすじや見どころなどを紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね。

『Hug』の詳細情報

タイトル Hug
(邦題:ぎゅっ)
Jez Alborough(ジェズ・オールバラ)
イラスト
本編ページ数 29P
総単語数 29語
絵本の種類 ボードブック/ハードカバー/ペーパーバック

『Hug』のあらすじ

ジャングルに住む赤ちゃんチンパンジーのボボ。散歩中、ゾウの親子がハグしているのを見つけました。

あっちではカメレオンの親子が、こっちではヘビの親子がハグしています。

次第に表情が曇っていくボボ。どうやら、ママが恋しくなってしまったようで――。

『Hug』の見どころ

猿の親子の写真

シンプルで心温まるストーリー

「HUG」「MOMMY」といった単語(台詞)とイラストのみで構成された、とてもシンプルな絵本です。

ママが恋しくなった赤ちゃんチンパンジーのボボは、ゾウの体に乗せてもらい、ママを探しに出かけます。そこでも、ライオンやキリン、カバの親子たちが仲睦まじくハグをしており、ボボは遂に泣き出してしまいます。動物たちが心配そうに見守る中、木の上から現れたのは――。

動物たちの心温まる交流を通して、親子の絆や、仲間を思いやる気持ちを感じることができる絵本。読み終わると思わず子どもを「ハグ」したくなります。

感情移入しやすい、表情豊かなイラスト

繊細なタッチとダイナミックな構図のイラストが特徴的です。動物たちの表情も豊かで、「寂しい」「困った」「嬉しい」といった感情がよく伝わります。

我が家の娘(1歳5カ月)に初めて読み聞かせをしたところ、ボボが泣いているページを見て一緒に泣き出し、とても驚かされました。幼い子どもにも感情移入しやすい絵本なのかもしれません。

毎回同じシーンで悲しい顔をするのですが、最後には満面の笑みになってくれます。娘にとってもお気に入りの一冊です。

学べる英単語や表現は?

前述の通り、状況説明の文章は一切なく、台詞はほぼ「HUG」のみです。

イラストを見るだけでストーリーが分かるので、手軽に読めるのが魅力だと思います。

英語絵本を読んだことがない人や、赤ちゃんの読み聞かせにもおすすめですよ。

 

是非、お子様と『Hug』しながら読んでみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ