MENU
英語絵本

大好きを伝えられる英語絵本『Guess How Much I Love You』

大好きを伝えられる英語絵本『Guess How Much I Love You』

こんにちは、はにむらです。

子どもに「大好き」の気持ちを伝えるのはとても大切なことですよね。私も毎日言葉にするよう心掛けています。

直接言葉にするのが照れ臭いという方は、絵本の読み聞かせを通して伝えてみるのも良いかもしれませんね。

今回は、「大好き」を伝えられる心温まる英語絵本を紹介します。

『Guess How Much I Love You』ペーパーバック版の写真

『Guess How Much I Love You』です。(※写真はペーパーバック版)

子どもはもちろん、大人にもおすすめしたい、とても素敵な絵本ですよ。

この記事では、『Guess How Much I Love You』の大まかなあらすじや感想、使われている単語や文法などを紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね。

『Guess How Much I Love You』の詳細情報

タイトル Guess How Much I Love You
(邦題:どんなにきみがすきだかあててごらん)

Sam McBratney(サム・マクブラットニィ)
イラスト
Anita Jeram(アニタ・ジェラム
本編ページ数 28P
総単語数 376語
絵本の種類 ボードブック/ハードカバー/ペーパーバック

『Guess How Much I Love You』のあらすじ

“This much,” said Little Nutbrown Hare, stretching out his arms as wide as they could go.

出典元:『Guess How Much I Love You』

おやすみ前に、小さいウサギが大きいウサギに言いました。

「僕がどんなに君のこと好きだか、当ててごらん。」

「分からないなあ」と大きいウサギ。

小さいウサギは両手をいっぱいに広げて、

「こんなにだよ。」

ところが大きいウサギの腕は、もっと長いのです。「でも僕は、こーんなにだ。」

「ふーむ、それは、とってもだ」小さいウサギは考えました――。

『Guess How Much I Love You』の感想・レビュー

2羽のうさぎの写真

心温まるストーリー

小さいウサギと大きいウサギが、お互いのことをどれだけ好きか伝え合う、とても可愛らしいお話です。

小さいウサギは両手をいっぱいに広げて、「君のことがこんなに好きだよ。」と愛の大きさを表現します。しかし、大きいウサギの方が体が大きいので、「でも僕は、こーんなにだよ。」と、もっと大きく愛を表現できるのです。

それでも小さいウサギは負けじと考えて、背伸びをしたり、逆立ちをしたりしながら、色んな方法で「こんなに好きだよ!」と体いっぱいに表現しようとします。そんな一生懸命な姿が可愛らしく、とても愛おしく感じます。

二匹のウサギが親子なのか友達なのかは分かりませんが、私は自分と幼い我が子を重ねながら読みました。読み終わると胸がいっぱいになる、そんな素敵な絵本です。

淡いタッチの優しいイラスト

水彩画のような淡いタッチのイラストが美しく、心温まるストーリーをより感動的なものにしています。

二匹のウサギが愛の大きさを表現し合うシーンでは、ウサギたちの動きが生き生きと描かれています。小さいウサギの動きは可愛らしく、大きいウサギの動きはダイナミックです。

物語後半では、夜が更けた静寂の中で、大きなウサギが小さなウサギを大事そうに抱えたり、愛おしそうに見つめたりする姿が描かれており、とても印象的です。

大切な人への贈り物にぴったりな絵本だと思います。

『Guess How Much I Love You』の単語・文法

単語カードの写真

主な単語

本文中に登場する単語の中で、特筆すべきものをいくつか紹介します。

  • nutbrown [nʌ’tbráun]
    【形】栗色の
  • hare [héər]
    【名】野ウサギ
  • tumble [tʌ’mbl]
    【動】倒れる
  • bounce [báuns]
    【動】跳ねる
  • lane [léin]
    【名】小道、細道
  • thorn [θɔ’ːrn]
    【名】(植物の)とげ

主な文法

使われている文法はやや難しい印象ですが、イラストやストーリーの流れから内容は推測しやすいと思います。

中でも多く使われている文法について、いくつか紹介します。

・分詞構文の付帯状況

「S+V, ~ing…」
(Sは~しながらVする)

「~しながら」「~して」のように、二つの動作を同時に表す文法です。

例文
・He is reading books, listening to music.
→彼は音楽を聴きながら本を読んでいます。

この絵本では、あらすじ冒頭の文章のように、ウサギたちが体を動かしながら「こんなに好きだよ」と言うシーンで使用されています。

・as~as+S+can

形容詞の原級を使った慣用表現で、「as~as possible」(できるだけ~)と同じ意味になります。

例文
・I ran as fast as I could.
=I ran as fast as possible.
→私はできるだけ速く走った。

こちらの文法も、あらすじ冒頭の文章のように、ウサギたちが体いっぱいに愛情を表現しているシーンで使われています。この場合は主節が過去形の文章なので、「can」は過去形の「could」になっています(※時制の一致)。

・I wish+仮定法過去

「~であれば良いのに」と、現在の事実に反する願望を表す文法です。仮定法過去では、動詞は過去形を用います。

例文
・I wish I had a lot of picture books.
→絵本がたくさんあれば良いのに。

この絵本では、小さいウサギが大きいウサギを見ながら「あんな(長い)腕があれば良いのにな。」と考えるシーンなどで使用されています。小さいウサギの純粋さが伝わる、とても可愛いシーンです。

 

『Guess How Much I Love You』。是非、大切な人を想いながら読んでみてくださいね。